ニュース

国税のスマホアプリ納付が可能になります【285号】

令和4年12月1日より国税のスマホアプリ納付が開始されます。

国税のスマホアプリ納付の概要

国税を「Pay払いで支払える」。つまりスマートフォンの決済アプリで、国税を納付することが可能になります。 アカウント残高を利用した支払い方法のみ利用可能ですので、事前に利用するPay払いへのアカウント登録及び残高チャージが必要になります。

対応するコード決済サービスは下記の通りとなっております。

  • PayPay
  • d払い
  • AmazonPay
  • auPay
  • LINEPay
  • メルカリPay

納付が可能な税目

原則として、全ての税目が納付可能となっております。ただし、印紙を貼り付けて納付する場合など、利用できない税目があります。

納付手続き

事前に納付する税目と納税額が分かるもの(確定申告書等)を準備します。
納付は「e-Tax」か「国税庁のWEBサイト」からアクセスし「国税スマートフォン決済専用サイト」から行います。

Pay払いのメリット

  • 国税をクレジットカードで納付すると、納税額に応じて決済手数料が発生しますが、Pay払いでの納付は決済手数料が無料となっております。(国が負担)
  • いつでもどこでも、場所を選ばず納税することが出来ます。

Pay払いのデメリット

  • 納付1回あたりの決済上限額は30万円となっておりますので、30万円を超える支払いの場合はスマホアプリ納付は利用できません。また利用するPay払いで、利用上限額を設定している場合は注意が必要です。
  • 領収書が発行されないため、領収書が必要な場合は、金融機関や税務署で納付する必要があります。

 

納税額が30万円以下になる方は、一度スマホアプリ納付を検討してみてはいかがでしょうか。

(西村)

一覧に戻る
OLD
2022年11月17日 所得税・消費税(個人分)の異動届出不要に【284号】

別の記事も読む

行事